持って生まれた個性。生きて得た個性。それぞれを活かして笑顔ある日々を。

自分を知り、相手を知ることから、コミュニケーションははじまります。そのお手伝いができます。

自分と他人は違って当たり前ということをしっかり理解する

こんにちわ(^^)
不定期更新ブログなのに、ご覧になっていただきありがとうございます😊

個性心理學 オーシャンズniigataのカウンセラー内山高志です。

今日は、【自分と他人は違うもの】
ということについて書いていきます。

このことはみなさん、わかってはいるんです。

ただ、理解はできていない。

例えば

来月、彼氏が資格試験があるとして

彼氏は資格試験あるけど、休みは彼女と遊ぼうって考えていて、

でも、彼女は資格試験の勉強するもんだし、してほしい!って考えている。

とします。

すでに考えてる事が違います!

どちらも間違いではないですよね!?


彼氏は、資格試験も大切だけど、彼女のこともすごく大切だからという考えなだけであり

彼女は、私のことは置いといて、まずは資格試験の勉強に集中してほしい!

このことは、どちらかが、自分の意見を押し通しすぎてしまうと、、、《おしつけ》になってしまうのです!

相手とは違うということをしっかり理解して、相手の意見も認めた上で話をすることが大切です!


とくに《おしつけ》になりやすいキャラは
僕のカウンセリングの経験では、

・黒ひょう
・ライオン
・虎

という感じですね(^^)

すべて、プライドも高めのキャラクターです!

気をつけるポイントは
まずは、相手の意見を聴き、それから自分の考えを伝えること!

難しいですが、ゆっくり伝えていきましょう!

自分と他人は違って当たり前なんです!

では、今日はこのへんで(^^)

個性心理學 オーシャンズniigata 内山高志