持って生まれた個性。生きて得た個性。それぞれを活かして笑顔ある日々を。

自分を知り、相手を知ることから、コミュニケーションははじまります。そのお手伝いができます。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

こんにちわ(^^)
新潟三条の個性心理學講師 オーシャンズNiigataの内山高志です😁


【実るほど頭を垂れる稲穂かな】
という言葉ありますよね。

この言葉って、とてもすごいことだよなって、感じています。


僕は社会に出て、15年以上になります。


はじめは、何にもできず、悔しくて、勉強したり、劣等感を糧に、できるようになろうとしていきますよね。


それが、できるようになると、、、つい、、、


態度がでっかくなってしまう。


できるようになったとしても、謙虚にしていた方が、良いってわかっているのに!!

なぜかそれができないんですよね。


僕はSUNグループのチータ

気分で動いてしまうため、

【できることが気持ちいい】となり、できない人にみせたくなる、みせびらかしたくなることで態度がでっかくなるんでしょうね。

なんて、めんどくさいヤツなんでしょ笑

SUNグループには、他に

・ライオン
・ゾウ
・ペガサス

がいます!

ライオンは人に対してきびしい場合があり、頑張りを見て欲しいキャラでもあるので、【実るほど頭を垂れる稲穂かな】にはなりにくそうですね。


この話はたぶん、表面キャラがあてはまるのかな〜(^^)

僕は表面キャラもチータです!


表面キャラは、ビジネスや学校での外面環境の時に出ているキャラです😁


自分のキャラがわかった上で、行動することができることが個性心理學のすごいことです!

例えば、謙虚な対応が苦手なことを知っていれば、


とくに気をつけるようになりますよね!


たぶん、僕の考え方では、

【実るほど頭を垂れすぎる稲穂かな】

くらいが丁度いいのかもです!笑


謙虚な対応をすることで、批判する人はいなくなり、ストレスも減るんですよね(^^)


謙虚、大事です!


では、今日はこのへんで(^^)