持って生まれた個性。生きて得た個性。それぞれを活かして笑顔ある日々を。

自分を知り、相手を知ることから、コミュニケーションははじまります。そのお手伝いができます。

誰だってしくじります!

こんにちわ(^^)

新潟三条の個性心理學oceans7の内山高志です😁

 

『しくじりたくないなぁ〜』

 

誰だって思いますよね!

 

もちろん【しくじらない】人なんていません!!

 

個性心理學では、【60 慈悲深い虎】や【39 夢とロマンの子守熊】【02 社交家のたぬき】などものすごく良いとされる個性もあります。

 

ほかにも【ひつじ】【雨露】【ロジック】などもそれだけで良い意味で

 

『ヤバい』

 

とされています!!

 

でも、この素晴らしい《個性》を持っていても、もちろん!

 

『しくじります!』

 

 

どんなに良いとされる個性を持っていても

 

活かさなければ、意味がない。

 

いえ、言葉が悪いですね(^^;;

 

【もったいない】

 

MOTTAINAI

 

良いとされる個性もあれば、

 

難しいとされる個性もあります。

 

【25 穏やかな狼】【27 波乱に満ちたペガサス】【03 落ち着きのない猿】などでしょうか。

 

難しいとされる個性も良いとされる個性と同じく、

 

『しくじります』

 

どんな個性を持っていようと、【しくじり】ます!

 

 

僕は個性によって、【しくじり方】や【しくじった後】が違うと考えています。

 

例えば、僕の友達。

 

【17 強い意志をもったこじか】縦のリズム鉱脈

何度も同じミスを繰り返し、誰からもアドバイスを聞かない。

ミスした時に気づくのに、繰り返す😅

 

【08 磨き上げられたたぬき】縦のリズム宝石

相手が上司、年上などであろうと、ルール違反をしたら、許せない!言ってしまったために、可愛がられない😅

 

 

良いとされる個性としてもあげられる【08 磨き上げられたたぬき】も《しくじる》んです!

 

 

【しくじり】を上手く隠している個性もあったりします!

 

僕が今日、伝えたいことは

 

『誰でもしくじります。そのしくじりから学ぶことが大事なんです』

 

 

個性があるのは当たり前。

 

同じように、

 

誰でもしくじることも当たり前。

 

 

しくじる時も、自分の事(自分の個性)をわかっていると、【しくじりから学べる】んですよね(^^)

 

 

たくさんしくじる事は辛いけど、しくじりがあることで、成長できるんですよね😁

 

今日もたくさんしくじっていきましょう😆

 

最後まで読んでもらい、ありがとうございます(^^)